久しぶりの家具

P1120700
久しぶりの家具デザインでした。
本当はすべて木で作ろうかと考えていたのですが、予算と時間の都合でスチールフレームと杉材で椅子とテーブルです。

天板や座面部分は杉材を集成してもらい、スチールフレーム間を渡しています。フレーム間の繋ぎは板材のみで見た目も構造もシンプルにしています。
座面は傾斜をつけ高さは少し低め、肘置きと背もたれは同じ高さで座った時に少し背筋がのびるような感じです。
背もたれの杉材にRを少しでも入れた方が背骨の当たり具合がいいのでしょうがそこは今後の課題です。

P1120705
杉材の塗装はエゴマ油の拭き取り、油がしみ込んだ時の木の透明感が好きなのでついついこれを使ってしまいます。今回は、杉の源平材でしたが檜の柾目でいけばもっと上品になったかと思います。

スチールフレームや杉の天板等の製作にいろんな方にご迷惑かけてますが、本当に感謝です。